声優になる方法

声優になる方法

今回は、プロの声優になるためにすべき行動をいくつかご紹介しましょう。演技レッスンに参加する:声優は、単に文字を読むだけではなく、演技力が必要とされます。演技レッスンを受ければ、よりポジティブで説得力のある演技ができるようになります

今回は、プロの声優になるためにすべき行動をいくつかご紹介しましょう。演技レッスンに参加する:声優は、単に文字を読むだけではなく、演技力が必要とされます。演技レッスンを受ければ、よりポジティブで説得力のある演技ができるようになります。

声優コーチを雇う:良い声優になるには、ただ面白い声を出したり、良い印象を与えたりするだけではだめです。声優コーチは呼吸、文法、調音、伝達の専門スキルを身につけており、セリフを正確に伝えられるように指導してくれます。

プロの声優に注目する:広告、アニメ、ゲームなどで、お気に入りのプロ声優の仕事をチェックしましょう。声のトーンや抑揚をどのように変化させているかをメモし、声を出すタイミングを確認しましょう。また、声優のポッドキャストを聞いて、経験豊富な声優がいろいろな役をどう演じ分けているか確認するのも良いでしょう。

デモを作る:VOのデモリールは、一般的な俳優のシズルリールに似ていますが、補完グラフィックが一切ないのが特徴です。プロの声優のショーケース・リールは、さまざまなセリフや台詞を異なる声で表現する、メドレーのような仕上がりになっています。声優の大半は、広告と演技の仕事にそれぞれ異なるデモを提出しています。このようなデモを、オーディション・サイトに提出するか、飛び込みの応募に対応しており、クライアントになる可能性のあるタレント事務所に持ち込むと良いでしょう。

オーディションという方法もあります。トライアウトは声優の仕事に欠かせない、仕事を得るための手段です。不当に拒否されないためにも、自分のスキルに合った役のオーディションを受けましょう。インターネットで無料のキャスト募集を探したり、声優サイトで検索してオーディションをリクエストしたりする方法があります。オーディション撮影の前は自分のパートを読む、キャラクターの特徴を調べる、正しい文法を身につける、喫煙や酸性飲料を控える、などの点に気を付けましょう。

完璧になるまで練習する:専門のレコーディングスタジオがなくても、練習を欠かしてはいけません。才能ある声優の多くは自宅にスタジオを持ち、オーディション用の撮影をおこなったり、制作技術を磨いたりしています。

セットアップが完了したら、キャッチコピーを読んだりテープを聴いたりして練習しましょう。練習を積み重ねることで、キャスティング・ディレクターやファンを満足させられる、プロの声に近づくことが出来るでしょう。

グループを作る:仕事を探したり、友達を作ったり、声優業の様々な面を学ぶため、ネットワークを活用しましょう。ソーシャルネットワークを広げることで、出会った人から何かを得る可能性が高くなります。ネットワーキングは双方向性なので、自分もできるだけ相手を支えることが重要です。自分が持っているものを惜しみなく使い、相手のことを考えていることをアピールしましょう。以前はオーディションを探すのは干し草の中から針を探すほど大変でしたが、今ではずっと簡単に声優募集のお知らせを見つけることができるようになっています。 

Related articles

簡単な声のトレーニング

簡単な声のトレーニング

人間は、たくさんの音を出せるメカニズムをもっています。空気を振動させ、意味を成立させるために身体を進化させてきたのです。エクササイズを成功させるには、話し方のメカニズムについて考える必要があります。

Learn More
声優の選び方:ピクサーの場合

声優の選び方:ピクサーの場合

レパートリーの多いパフォーマーなら声優の仕事はたくさんありますが、アニメ映画ともなると、他の仕事(ナレーション、広告、テレビアニメなど)とは話が違ってきます。アニメ映画のアンサンブルを担当するキャスティング・ディレクターは、自然な話し声の俳優に可能性を見出します。ディレクターに注目されるには、VOの豊富な経歴以上のものが必要とされます。

Learn More

Leave a Reply

Your email address will not be published.