簡単な声のトレーニング

簡単な声のトレーニング

人間は、たくさんの音を出せるメカニズムをもっています。空気を振動させ、意味を成立させるために身体を進化させてきたのです。エクササイズを成功させるには、話し方のメカニズムについて考える必要があります。

人間は、たくさんの音を出せるメカニズムをもっています。空気を振動させ、意味を成立させるために身体を進化させてきたのです。エクササイズを成功させるには、話し方のメカニズムについて考える必要があります。

人間の音作りの基本は、呼吸です。横隔膜が収縮し、胸郭が伸びることで肺に空気が入り、声帯を震わせているのです。アクターは声を使って共感を外部に発信し、手振り身振りに合わせて文章を読み、物語を伝えます。つまり、声は独立した能力ではなく、体全体の動きと協調させることが必要な能力なのです。

呼吸

全ての声の基本は呼吸です。良い発声の基礎は正常な呼吸パターンです。息は吸うたびに肺に入り、吐くたびに肺から押し戻されると考えてください。アクターが呼吸や発声をおこなう際は、背骨、頭、あご、背中、腹部の筋肉をリラックスさせる必要があります。

姿勢

最高の音は、体がまっすぐで楽な姿勢の時に出すことが出来ます。呼吸法や発声法の練習では、体をまっすぐにし、あごを下げ、頭頂部を天井と平行にします。この姿勢をとることで、体の呼吸器系を力強く正しく機能させることができます。

ウォームアップ・エクササイズ

声のエクササイズを始める前に、しっかりとしたウォーミングアップを日課にしてください。長期間にわたり定期的にウォーミングアップをおこなうことで筋肉の動きが良くなり、成功へのプレッシャーやワークアウト・セッションのプレッシャーからも解放されます。

アクターはまず、舌を伸ばすことから始めます。舌を出して上下に向けたり、舌の真ん中を下の前歯の裏にあてて押したりしてください。それから顎や顔の筋肉をマッサージし、快適に整えてください。次に体重を腕にのせたり、前後に体を傾けたりして、簡単にボディをストレッチします。

では、ゆっくりと静かに音を出してみましょう。呼吸を広げるため、子犬のように舌を出してハッハッと喘いでください。それから唇や頬の痛みを和らげるため、息をふーっと吹きながら「ビー」「ブルルル」といった音を出して口を動かします。次に大きなあくびをすることで、顎をストレッチします。あくびをする時は笑ってください。ため息のような音を、できるだけ長く出してください。

その他のボイス・エクササイズ

下記の簡単なエクササイズは、ストレスを解放し、体と声を連動させるためのものです。膝を曲げ、手足をだらりと下に垂らします。それから、「あー」と言いながら腕を振り始め、体と頭をシェイクしながら立ち上がってください。腕は立ち上がるまで、足元で振り続けます。その時、声域を体の動きに合わせて上げていきます。他の母音でも同様に繰り返してください。

次に、口を閉じて「んー」という音を出す発声練習をします。「んー」の音をできるだけ長く出し続けてください。それから口を開けて「あ」と言います。「あ」の音を矢のように部屋中に放つイメージを意識してください。他の母音でも同様に繰り返します。最後に、楽しい早口言葉の発音練習をご紹介します。‐マサチューセッツ州で摂津世襲‐空虚な九州空港の究極高級航空機

Related articles

声優の選び方:ピクサーの場合

声優の選び方:ピクサーの場合

レパートリーの多いパフォーマーなら声優の仕事はたくさんありますが、アニメ映画ともなると、他の仕事(ナレーション、広告、テレビアニメなど)とは話が違ってきます。アニメ映画のアンサンブルを担当するキャスティング・ディレクターは、自然な話し声の俳優に可能性を見出します。ディレクターに注目されるには、VOの豊富な経歴以上のものが必要とされます。

Learn More
声優になる方法

声優になる方法

今回は、プロの声優になるためにすべき行動をいくつかご紹介しましょう。演技レッスンに参加する:声優は、単に文字を読むだけではなく、演技力が必要とされます。演技レッスンを受ければ、よりポジティブで説得力のある演技ができるようになります

Learn More

Leave a Reply

Your email address will not be published.