2021年度 声優入門講座 

2021年度 声優入門講座 

初めて声優に挑戦するなら、まずは自分の声の特徴やスキルを知るために時間をかけてみましょう。自分の声の特徴やレベルを知るには、まず音読や録音をしてみましょう。音読の練習をすると、イントネーションが良くなる、自分のアクセントのトーンを知ることができる等、多くのメリットが得られます。本や雑誌はもちろん、食品の原材料リストや広告の細かい文字など、音読の素材は無限にあります。

  • 練習で自分の声の特徴を把握する

初めて声優に挑戦するなら、まずは自分の声の特徴やスキルを知るために時間をかけてみましょう。自分の声の特徴やレベルを知るには、まず音読や録音をしてみましょう。

音読の練習をすると、イントネーションが良くなる、自分のアクセントのトーンを知ることができる等、多くのメリットが得られます。本や雑誌はもちろん、食品の原材料リストや広告の細かい文字など、音読の素材は無限にあります。

子供向けの本を、登場人物に合わせて声を変えて音読するのも良い方法です。新聞や雑誌、ウェブサイトの記事を、洞察力にあふれた感じではなく、会話のように読むのも練習になります。手元にある文書の中から栄養成分表示を選んで読んだり、食品広告のナレーターになった自分を想像したりといった方法もあります。または日記のようなプライベートな文章を読み、素の自分の感覚を確認したりも出来ます。

次に、上記のようなことに挑戦している自分の姿を撮影してください。再生すれば、多くのことに気づけます。演技をしている時は、普段の会話よりも声が小さいことに気づくでしょう。または自分の自然な声と比べ、奇妙で人工的に聞こえることに気づくかもしれませんし、役によってはもっと低い声がいいと思うかもしれません。

  • サンプル台本を使った練習を日課にする

毎日の練習は、声優としてのスキルを維持・向上させるのに役立ちます。声優はキャリアの長さに関係なく、スキルを磨くことが大事です。毎日の生活の中で、新しいVOの台本を読んだり演じたりすることで、発声能力を高めることができます。今まで演じたことのない役に挑戦するのは楽しいものです。それに、もしかしたら似たような声優の仕事の楽しい企画に出会えるかもしれません。

VOサンプル台本を使えば、様々な種類のVOが練習でき、台本の意図するスタイルや音が正確に表現できているかを確認できます。

例えばプロモーターを担当する場合は、プロモーターのスピーチ練習を録音再生し、上手にできたか確認しましょう。自分の声優としての能力をしっかり把握するために、様々な台本、役割、種類を練習しましょう。そうすれば自分に合った声優の役割をつかむことが出来るでしょう。

  1. 声優の種類を知る

声優の種類は様々ですが、まずはキャラクターを大きく5種類に分け、特徴を学ぶことから始めましょう。様々な種類のキャラクターを試し、その過程で自分を撮影してみてください。自身のプロ声優としての経験に応じて、演じていて他の役よりもしっくりくる役が見つかると思います。このようにして自分の声や能力をよく把握し、声優として成功するための演技テクニックを向上させることが出来ます。

Related articles

有名人はスロットマシンの肖像権でお金がもらえる? 

有名人はスロットマシンの肖像権でお金がもらえる? 

一般的には、彼らは金銭を受け取っていると考えられます。しかし、そこには大きな変遷があったのです。「ホイール・オブ・フォーチュン」というスロットマシンをきっかけに、各スロットマシン・メーカーは俳優、テレビ番組、映画などから知的財産のライセンスを得ようと奔走するようになりました。

Learn More

レジナルド・フェッセンデン

フェッセンデンは、1906年のクリスマスイブにラジオ史上初のナレーターとして登場しました。彼はその6年前にも、アメリカ気象局でテストをした際に予報を正確に読み上げています。1906年のクリスマス番組は、ボストンのブラントロックにあったフェッセンデンの臨時制作会社が制作したものですが、世界に衝撃を与えました。内容のほとんどは海上にいる船に向けたクリスマスメッセージや音楽でしたが、興味深い内容として、フェッセンデンによる短いスピーチも含まれていました。

Learn More

Leave a Reply

Your email address will not be published.